Home

ツアーについて

よくある質問Q&A

良くある質問良くある質問 Q&A

ご意見・ご質問などにつきまして、良くあるご質問を以下に掲載いたします。ご確認頂きますと解決できることがあります。(Frequently Asked Questions)

Question日帰りでも参加可能ですか?

すべてのツアーにおいて日帰りでの参加が可能です。(石垣島より参加)
ツアー当日に港にお迎えに参ります。
日帰りの場合、石垣島よりご参加との意味となります。その他の場所から日帰り参加をご希望される場合につきましては、事前にご相談ください。

Question送迎可能な範囲は?

送迎可能な範囲は、西表島の西部地区の周辺となり、上原方面(白浜~温泉ホテル)となります。西表島の東部(大原港周辺)へは送迎範囲外とさせていただきます。
また石垣島発→上原港(西表島)行きの船便が欠航の際には、石垣島発→大原港(西表島)行きの船便に乗船頂き、大原港より安栄観光の送迎バスにて上原港までお越し下さい。

質問西表島に行くには?

西表島へのアクセスは、石垣島離島桟橋のから船便となります。
石垣島離島桟橋から西表島への船便は、大きく別けて2つの航路があり、それぞれ島の西部地域(上原港・船浦港)への便と島の東部地域(大原港)への便となります。

Question石垣島離党桟橋

石垣島離島桟橋は八重山諸島(西表島含む)へアクセスする際の玄関口となります。
石垣島への行き方は、
空路:那覇、宮古、東京、大阪、名古屋、福岡などから空の便が運行
海路:那覇新港から直行便、または宮古島経由で琉球海運、有村産業が運行
新石垣空港から石垣島離島桟橋までは、タクシーで約30分ほどの距離です。

ページ先頭へページ先頭へ

Questionカヌーって?(カヤックって?)

カヌーと言ってもその種類はかなり多く、また競技用なども含めると定義するのは難しくて一概には言えませんが、簡単なイメージで表現するならば細長い船体でパドルを使って漕ぎ進む船となりますでしょうか。水の抵抗が少なく軽い力で漕ぎ進むことが可能な為、人の力で水路を旅するには最適の構造となっております。
また「カヌー」と「カヤック」を使え別けるのが最近では一般的になってきて、オープンデッキタイプを「カヌー」と呼び、クローズドタイプを「カヤック」と呼んでおります。広い意味では「カヤック」もカヌーに含まれる場合が多いでしょうか。ちなみに当店では「カヤック」を使用しており、主に「リバーカヤック」と「シーカヤック」の二種類を用途に応じて使い分けております。

Questionカヌー(カヤック)初心者でも大丈夫ですか?

初心者でも安心してご参加頂けるツアーを心がけております。出発前に漕ぎ方、乗り降り、安全対策などをレクチャー致します。ご心配でしたらお気軽にご相談下さい。
またガイドと一緒に乗ることが出来ます。(タンデム艇)
ちょっぴりピナイサーラ」など初心者の方にお勧めのツアーコースを用意しております。
各ツアーコースのご案内にレベルが表示されておりますのでご参考にしてください。

Question二人乗りのカヌーが基本でしょうか?他には?

シーカヤックは基本的にタンデム艇(2人乗り)をお使い頂きます。1名様でのご参加の場合はガイドと一緒に乗ります。経験者の方でご希望があればシングル艇を用意します。

Question泳げない人でも参加可能?

ツアーでは、常時ライフジャケットを着用しますので安心してご参加下さい。
シュノーケルに関しては、足の届かない(水深2m~5m)ポイントで怖がらずに、ライフジャケットを着用してぷかぷか浮かんだ状態でマスクとシュノーケルを着けて水中に顔をつけることが出来れば楽しめます。
全く水がダメな方は、ピナイサーラの滝やユツンの滝を目指すトレッキングのコースをお勧めします。「てくてくユツンの滝

Question幼児でも参加できる?

小さいお子様(保護者同伴)でも参加が可能ツアーコースを用意しおります。
目的地が比較的近く携帯電話が使え、最長でも1時間半程度(自力でも)で戻ってこられるコースです。「ちょっぴりピナイサーラ」のツアーコースを参照下さい。

ページ先頭へページ先頭へ

Question持ち物は何が必要?

着替え(日帰りの方)、タオル、帽子、日焼け止め、虫除け、ゴミ袋(必要な方トイレ用)
防水バックやジップロック(カメラや貴重品を入れましょう)
滑り止め付き軍手(あればGood)、サングラス(あればGood)などです。
特に夏場は日差しが強いので日焼け対策は万全に準備された方が良いです。
トレッキング用ブーツやマリンブーツ(無料のレンタルブーツ)もご用意しております。

Question持ち物の管理は?

貴重品につきましては、お客様ご自身で管理して頂きます。
旅行バックなどの荷物(貴重品以外)につきましては、車内での保管となります。
また、カメラなどの電気製品につきましては、防水バックなどを用意して御座いますが、決して万全では御座いませんので予めご了承ください。

Questionこちらで用意してある物について

カヌー(リバーカヤック、シーカヤック)一式、履物(ブーツやシューズ)、お食事(お弁当)、飲料水、防水バック、バックパック、傷害保険など全て料金に含まれたかたちでご用意しております。
シュノーケル、足ヒレにつきましては、別料金にてレンタルしております。

Questionお食事について?

ほとんどツアーコース(除く:ちょっぴりピナイサーラの午後発)でお食事を用意させていただいております。
ご自身で持参頂くことも可能です。その際は、軽い行動食などをお勧めいたします。
またアレルギーなどをお持ちの方は、事前にその旨お伝え頂きますようお願いします。

Questionツアー料金について

表示されているツアー料金は全て消費税込みの価格となっております。
ご決済につきましては現金のみの取り扱いとさせていただきます。ツアー終了後にガイドよりご案内いたしますのでお支払い下さい。
また事前にお支払いをご希望されるお客様はご予約の際にその旨お伝え下さい。振込み先をご案内いたします。

Questionキャンセルについて

お客様の自己都合
例:体調不良、寝坊、お客様判断において、天候が思わしくない等)でのキャンセルにはキャンセル料金が発生致します。

一日のツアーにご参加頂ける人数に制限
通常一人のガイドに付き7名)がございまして、ご予約が立て込む夏期はその他多くのお客様をお断りしております。

その為、ツアー予定日の前日キャンセルからツアー代金の50%、当日キャンセルは100%を請求させて頂きますのでご理解承りますようお願い致します。

ページ先頭へページ先頭へ

Question銀行などの金融機関は?

西表島には銀行やATM(コンビニATM含む)などは御座いません。唯一の金融機関として郵便局(ゆうちょ銀行)がございますが、ツアールートより離れており立ち寄ることが出来ませんので、あらかじめ必要な現金をご用意いただきますようお願いします。

Question携帯電話について

西表島で使用可能な携帯電話会社(通信キャリア)は、現在(2009年10月時点)DoCoMo(ドコモ)とau(エーユー)の2社となっております。通話が可能なエリアにつきましては、市街地を中心とした地域です。
ツアー中においては、極めて限られた場所のみ電波が届く程度で御座いますので、ツアー中は通話が不可能かと存じます。

Questionその他

こちらから西表島の様々な情報をご覧になれます。島の位置や面積、簡単な歴史から周辺の島々、野生動物、植物、海洋生物などをご紹介しております。

ページ先頭へページ先頭へ



リバーカヤック